クレジットカード現金化において「現金になるまでにかかる時間」を手順から計算してみる!

目次(クリックして表示)

クレジットカードを使った現金化は意外と便利だったことがわかる

クレジットカードと言えば現金を使わずに支払いができる便利なカードであり、多額の現金を持ち歩くよりも安全なので、海外旅行や高価な物を購入する場合にも便利な存在です。

とはいえ無制限いくらでも使える魔法のカードではありませんので、使った分だけ後日クレジットカード会社から請求されてしまう仕組みであるため、使いすぎに注意する管理能力も求められます。

さらにクレジットカードにはショッピング枠と呼ばれるお買い物に使える利用限度額があり、この枠を超えてお買い物をすることはできませんので、使いすぎると肝心な時に支払いができない事もあります。

そして、クレジットカード現金化ではショッピング枠を利用する方法となっており、クレジットカードで換金性の高い物を購入して、買取サービスに持っていってお金にするという方法です。

ただし、この方法はクレジットカード会社が認めておりませんので、もしも発覚すればカードが利用停止になってしまうだけでなく、それまで利用した金額も一括請求されてしまいます。

今回はこのクレジットカード現金化の手順から「どれぐらいの時間、手間がかかるのか?」について、個人で行う場合、クレジットカード現金化業者で紹介していきます。

個人でクレジットカード現金化をする手順からかかる時間はどれぐらいか?

まず、クレジットカード現金化自体は昔からあった方法であり、今でこそインターネットの発達でクレジットカード現金化業者もサイトを設立しておりますが、方法自体は別に新しい事ではありません。

クレジットカード現金化を個人で行う方法として、昔からあるのが換金性の高い物を購入して、買取サービスに持っていき、現金にするという方法が定番であり、今でもこの方法で現金化を行う方がいます。

なので手順としてはまずは換金性の高い物を購入することになりますが、一番よく利用されているのが金券であり、その理由としては「軽いので持ち運びやすい、買取をする金券ショップが駅等にある、還元率などからいくらで売れるのかがわかりやすい」というのが主な理由です。

確かに、クレジットカード現金化を個人で行うならば、売却までの手間や時間がかかりすぎてしまうと面倒なだけであり、物が重かったり大きかったりするのは運搬するのだけでも大変です。

とはいえ、個人で行う場合は最初から最後まで自分だけで行わなければならないので、購入から売却するサービスまで向かう時間、そして買取サービスでの所要時間から30分~1時間前後はかかるのではないでしょうか?

なお、個人が換金性の高い物を何度も買っていると、クレジットカード会社から「不正利用されているか?」という電話がかかってくることがありますが、一方で現金化を疑われている可能性もありますので、やりすぎたりすると誤魔化しきれません。

貴金属やブランド品を売る場合はどうなるか?

貴金属やブランド品を専用の買取サービスへ持っていくことで、確かにお金にすることは可能ですが、前提としてはこれらの品々の売買に関する知識も必要になってきます。

前提として貴金属とブランド品などは購入するだけでも何十万、場合によっては百万円を超えることもあるので、一般の方のクレジットカードではショッピング枠が足りないことがあります。

また、購入できたとしても売買では貴金属ならばただしい相場を知っておかなければならないこと、ブランド品なら査定で品質などを確認するのですが、こちらも買取業者によってブランド品の査定の得意・苦手が分かれます。

よって、得られる現金も多いかもしれませんが、クレジットカード現金化で貴金属やブランド品を扱う場合は知識や入念な準備も必要になってしまいます。

クレジットカード現金化業者を利用する手順と時間について

クレジットカード現金化を行う業者も登場しており、最近ではインターネットからの申し込みからすぐに現金化ということもできるようになってきております。

クレジットカード現金化業者を利用する手順についてですが、クレジットカード現金化業者のサイトから申し込めば1時間以内に銀行口座に振り込まれる、というパターンもあります。

さらに家にいながらクレジットカード現金化ができてしまうので、個人で行う場合と比べれば購入や売却などで移動する際にかかる時間、そして体を動かすこともほとんどありません。

しかし、クレジットカード現金化業者を利用する場合、手順として最初に「どこのクレジットカード現金化業者を利用すべきか?」を決めなければなりませんので、まずはクレジットカード現金化業者探しからスタートとなってしまいます。

もちろん、そのクレジットカード現金化業者が信用できそうなのか?についても口コミや体験など、なるべく多くの情報を集めて判断しなければならないので、この点でまず時間がかかってしまうことが想定できます。

仮に信用できそうなクレジットカード現金化業者を見つけたとしても、今度は個人情報やメールアドレス、クレジットカード番号といった情報入力もあり、入力量次第ですが数分~数十分はかかるでしょう。

そして実際に振り込まれるまでですが、先ほど1時間以内と上記で触れているものの、実際には全てのクレジットカード現金化業者が早く入金できるとは言い切れません。

よって、クレジットカード現金化業者次第では振込みが翌日になるなど、余計に時間がかかることもありますので、この点についても事前のリサーチなどが重要となります。

「ネットオークション」「スマートフォンのフリーマーケットアプリ」で物を売るパターンはどうか?

最近ではネットオークションやスマートフォンのフリーマーケットアプリなどでも購入した物を売ってお金にしている方がいます。

手順も単純であり、オークションサイトやフリーマーケットアプリに売りたいものを出品するだけで、後は相手を待つだけとなります。
(出品方法はサイトやアプリで確認しましょう)

これらの方法でも出した物品に買い手さえつけば、現金を得ることも可能であり、可能性として購入時と同じ利益を挙げる事もできる可能性は全く無いというわけではありません。

しかし、上記で触れたクレジットカード現金化と違って、オークションやアプリの使用方法や知識も必要となりますので、急にできることでは無いのが欠点です。

何よりも出品した物に買い手がいなければ利益も出ない、買い手が出た場合は郵送の手続きをするなどの作業が発生するので、物を売るのは決して楽ではありません。

為になる記事

PageTop