クレジットカードの現金化をすると借金を整理する債務整理の任意整理ができなくなる?

目次(クリックして表示)

クレジットカード現金化によってお金を得るとどうなるか?

クレジットカードには通常、ネット通販やカードが使えるお店での支払いの利用限度額を示す「ショッピング枠」という枠があり、この枠内であれば好きなだけカードで支払いをする事ができます。

後からクレジットカード会社からの請求が来るので、使いすぎてしまうと驚きの請求額となっていることもあるため、どれぐらい使ったかなどをしっかりと把握していなければなりません。

そしてクレジットカードを使った現金化とは、このショッピング枠を使用して、換金性の高い物を購入して売却することでお金を得る方法が昔から行われています。

また、クレジットカード現金化サービスを行っている業者も登場しており、インターネット上の業者のサイトで申し込みまでできるようになりました。

しかし、クレジットカードの現金化は基本的にクレジットカード会社が認めておりませんので、もしも発覚すればカードの利用停止処分となってしまい、利用料金も即座に一括請求されてしまいます。

今回はこのクレジットカード現金化と債務整理の1つである「任意整理」との関係についてご紹介していきます。

債務整理における任意整理とはどういうものなのか?どういう人が利用できるか?

まず、任意整理というものが何なのか?と言う方も多いと思いますが、簡単に言えば借金を整理する方法の1つであり、ニュースやテレビのコマーシャルなどで知った方も多いのではないでしょうか?

通常、消費者金融などから借金をしてしまった場合、利息をつけて完済するのが理想ではありますが、何らかの要因で返済ができなくなったり、返済が難しくなって苦しい思いをしている方もいます。

このように借金で悩んでいる方が利用するのが「債務整理」と呼ばれる借金の整理であり、本当に借金が返せなくて困った時の最終手段である自己破産もこの債務整理における1つの方法です。

この債務整理の中でも「任意整理」は一番利用されることが多い債務整理であり、弁護士さんなどが相談者に代わってお金を借りている債権者へ出向いて話し合い、利息をカットして借りた金額だけ返すという返済が可能になります。

そのため、「毎月の返済が苦しいので返済額を減らしたい」「民事再生や自己破産はまだしたくない」という方が利用を検討することが多いのですが、必ずしも全ての方が任意整理で借金問題が解決するとは限りません。

クレジットカードの現金化をすると自己破産ができなくなる?

クレジットカード現金化を利用する人、というのはどういう立場の方が多いかと言えば、やはり大抵の場合はお金に困っている方、もしくは借金があって返済に困っている方も多いです。

しかし、上記でも触れましたがクレジットカードを利用して現金化したことがカード会社に発覚すると、利用規約違反を元にカードの利用停止処分が下されます。

ここまでなら別に任意整理が関係なさそうに思えますが、そもそもクレジットカードの現金化をする方の中には金融業者などから借金を抱えていることもあり、その返済で現金化を利用したという方もいるのです。

返済のためにクレジットカード現金化をしていたが、カード会社にバレてカードが利用停止になってしまえば、借金の返済ができなくなってしまうために債務整理を検討し始める方もいます。

その際に選択肢として任意整理を選ぶ方もいらっしゃいますが、金額次第では「返済が任意整理程度では払いきれない」となってしまい、時には自己破産を選ぶ必要性も出てくるでしょう。

この自己破産を選ばなければならない時に「クレジットカードの現金化をしていた」という事があれば、かなり厳しい状況になってしまいます。

クレジットカードのやり直しの代償による大きい出費や贅沢とは

自己破産は裁判所へ破産を申し立てることにより、「借金を全て帳消しにする」という借金で苦しむ人にとって最終手段的な方法ですが、その際に本人名義の自宅や一定金額以上の価値がある物などを失ってしまいます。

また、しばらく旅行にいけなくなる、さらにクレジットカードも返却しなければなりませんが、借金を帳消しにする以上は借金をまたしてしまうような大きな出費や贅沢などはしてはいけませんので、やり直しの代償としては「やむを得ない」と言えるでしょう。

この自己破産をする場合はどうしても裁判所を通す必要がありますが、自己破産においてクレジットカード現金化をしていた事がわかると、免責不許可事由に該当するため認められないことがあります。

もちろん、絶対に認められないというわけではなく、現金化については深く反省しているなどの更生の意思を見せる事で裁判官によっては認められることはあります。

このように自己破産を選択する際にクレジットカードの現金化をしていた場合、最後の手段まで使えなくなってしまう恐れもありますが、任意整理なら裁判所を通さないので可能となっています。

但し、任意整理も万能な借金を整理する方法ではありません。

任意整理であればクレジットカードの現金化をしていても検討できるが…?

任意整理であれば裁判を通す必要はなく、弁護士さんなどが債権者と交渉しますので、クレジットカードの現金化をしていても借金が何とかなる可能性があります。

任意整理はあくまでも「返済額などが原則3年以内に完済できる金額ならば可能」であることが条件なので、あまりにも多額の借金だと任意整理をしても完済ができない可能性があります。

また、任意整理を使用にも返済するための収入がない、債権者との返済の取引期間が非常に短い、さらに会社の方針などから任意整理に応じない債権者もいたりします。

以上から、クレジットカードの現金化をしていたとして、任意整理ならば可能であっても借金の額次第では解決ができない可能性がある事から、自己破産を選ばなければならないことも考えられるのです。

為になる記事

PageTop