クレジットカード現金化の実態を知ることで利用者の体験談の深みが理解できる

目次(クリックして表示)

クレジットカード現金化で現金を得る方法は昔から存在していた?

クレジットカードは現金による支払いをする必要が無いため、現金を持ち歩く必要性が無く、特にネット通販等では支払いに必須となる事がありますので、社会人となったらクレジットカードは持っておきたいアイテムの1つと言えるでしょう。

そして、このクレジットカードにはお買い物に使える限度額を意味する「ショッピング枠」があり、この枠を利用して換金性の高い品物などを購入、買取をしている業者などに売却する現金化を行っている方も存在しています。

また、クレジットカード現金化業者も登場しており、表向きはクレジットカードを使ったお買い物ですが、還元率に応じたキャッシュバックを受けて現金化をする、という業者による方法を利用した方もいらっしゃいます。

もちろんですが、どちらの方法もクレジットカードで現金化することはクレジットカード会社が認めていないので、もしも現金化をしていたらカードが利用停止となり、現在の利用分の料金を一括で請求されてしまいます。

さて、このクレジットカード現金化は「いつ頃から行われていたか?」と聞かれれば定かではありませんが、少なくとも昔から行われていた方法であることは間違いありません。

まだインターネットがそこまで発達していなかった頃、クレジットカードを利用した現金化と言えば新幹線の回数券、商品券などをカードで購入、そして金券ショップへ持っていって現金化、と言う方法が多かったです。

他にはクレジットカードを使って家電や貴金属を購入、それらを買取サービスなどの業者に売るという方法で現金を得ておりましたが、ネットがあまり発達していない頃はこのような方法でしか現金化はできませんでした。

なぜクレジットカード現金化を行った・利用したのか?を体験談から考える

ここでクレジットカード現金化の実態において、実際にクレジットカードを使った現金化をしたことがある方の体験談などから、どういう事情や背景があったのかをご紹介していきます。

急な出費でお金が無かったのでクレジットカード現金化を利用した

体験談で多いのがこの「急な出費」があったという事情から、現金を得るための方法としてクレジットカード現金化を利用した方は多いです。

人生において急な出費となる出来事が発生すると手持ちの現金、または銀行から貯金を引き出すのが一般的ではあるものの、やはりお金が足りないこともありますのでそうなると金策を考えないといけません。

お金が無くて困っている時は「他人から借りる」のが一番思いつく金策であり、借りる先としては親族や知り合いから借りる場合が多いのですが、金銭のやり取りは親しい人同士でも何かとトラブルになりやすいので「人から借りるのは遠慮したい、利用したくはない」という方もいらっしゃるでしょう。

また、クレジットカードにはショッピング枠とは別に「キャッシング枠」というお金をATMなどから借りる時に利用できる枠はありますが、借金に対するイメージがあまり良くないからか利用するのが怖いという理由で使わない方もいらっしゃいます。

そこで、以前にやったことがあるのか、もしくはインターネットでクレジットカード現金化業者を調べたのか、いずれかの理由でクレジットカード現金化をした方もいらっしゃいます。

さらにこの体験談の後日談として多いのが、クレジットカード現金化をその後も何度か行っているということであり、クレジットカードを利用した現金化は「何度も利用しやすい」という実態があることもわかります。

クレジットカードを利用した現金化を行った後カード会社に発覚した

クレジットカードを利用した現金化において、クレジットカード会社に発覚してしまったという体験談も見かけられます。

なぜクレジットカード会社に発覚したのか?という実態については、やはりクレジットカード会社からの電話でバレてしまった、または不正利用によって相談した際に発覚したというケースが多いです。

まず、クレジットカード会社としてもクレジットカードを使った現金化を認めておりませんが、だからと言って換金性の高い物を購入したら電話がかかってくるのか?と言えばそうとは限りません。

基本的にクレジットカード会社が換金性の高い物を購入したりした際に電話などをしてくる理由は「いつもの利用に対して急に高額な利用が発生したため、不正利用されていないか?」という確認の連絡であり、「クレジットカードで現金化しただろう!」といきなりお咎めの電話であることはまずありません。

そもそも利用履歴からクレジットカードの現金化をしているということまでは、クレジットカード会社もエスパーではありませんので、さすがに100%的確に察することはできません。

仮に新幹線の回数券や商品券を買ったとしても、本当に個人的な目的で利用するために買った可能性もありますので、換金性の高い物を買ったりした利用者に毎度毎度の確認の電話をする余裕はありません。

とはいえ、何度も換金性の高い物を購入したりするとカマかけの電話をしてきたという実態もあり、さらに確認の電話で口が滑ったのかクレジットカード現金化を話してしまって利用停止になった方はいらっしゃいますので、絶対に発覚しない保証はないと言えるでしょう。

クレジットカード現金化をした後の支払いで苦しい思いをした…

クレジットカード現金化は仕組みとしてはお買い物と同じく、ショッピング枠を利用して現金を得るため、後でクレジットカード会社からの利用した分の請求が行われます。

問題はこの「クレジットカード会社からの請求を支払い対応できるか?」という点であり、お給料などで支払うことができればいいのですが、利用金額が大きかったりすると支払いが困難になったりした方もいる実態があります。

クレジットカード現金化において、個人で行う場合、業者を利用する場合も実際に得られる現金は利用金額よりも低くなってしまいます。

買取サービスもクレジットカード現金化業者も商売である以上、買取率や還元率が100%では意味がありませんので、どうしても何%かの手数料を引くようになっております。

しかし、クレジットカード会社からの請求では利用金額がそのまま請求されるので、クレジットカードの現金化を利用した後のことも考えていなかったということで、後の支払いが厳しかったという実態もあるのです。

為になる記事

PageTop