クレジットカードの現金化は本当に「安全」なのか?色んな角度から考察!

目次(クリックして表示)

クレジットカード現金化の昔と今の方法から安全性を考える

クレジットカードの現金化という宣伝などを見た事がある方も多いかもしれませんが、これはクレジットカードを売ってお金にするというわけではありません。

まず、クレジットカードはショッピング枠とキャッシング枠があり、ネット通販などでクレジットカードを使う時はショッピング枠、お金を借りるときはキャッシング枠を使用します。

クレジットカード現金化ではこのショッピング枠を使用して、一昔前であれば新幹線の回数券や、換金性の高い貴金属や家電をカードで購入して金券ショップに持っていってお金に換える、と言う方法がありました。

そして、インターネット技術の発展により、クレジットカードでネット通販の買い物などがやり取りをできるようになりましたが、同時に現金化までできるようになってしまったのです。

最近ではインターネットからクレジットカード現金化業者に現金化を申し込めるようになり、表向きはその業者から商品を購入、そしてキックバックで還元率に応じたお金を受け取れる、という方法があります。

しかし、ここで考えたいのがクレジットカードを利用した現金化という行為における「安全性」についてです。

今も昔もやり方としては「クレジットカードのショッピング枠を使って現金化する」という方法ですが、本当に安全なのでしょうか?

クレジットカードの現金化における安全性はあるのか?「自分でやる場合」と「業者に頼む場合」から考える

クレジットカード現金化において、安心と安全はあるのか?についてですが、まずクレジットカード現金化に関しては「自分で現金化をする」と「業者を通じて現金化する」があります。

自分でクレジットカードの現金化をする場合

自分でクレジットカードの現金化をするというのは換金性の高い物をクレジットカードで購入して売ってお金を作ると言う方法です。

この方法は昔からありましたが、この方法の安全な所は「業者」が入らないという点であり、悪質なクレジットカードの現金化業者に騙されて損失を受けることがありません。

ただし、換金してお金を入手するまで自分で全てやる必要があり、人によっては交通費などで余計な出費も重なる可能性もあります。

クレジットカードの現金化業者を通じて現金化する場合

クレジットカードの現金化業者も最近増えており、ネットなどの広告でその存在を知った方も多いのではないでしょうか?

クレジットカードの現金化業者を利用してクレジットカードの現金化をする場合の安全な点として、クレジットカード会社に「現金化がバレにくい」という点がメリットとして挙がります。

さらに最近ではネットからの申し込みですぐに振り込まれるので、換金していることを周囲に知られずに素早くお金を手にする事できます。

ただし、業者によって現金化までの方法、対応が異なるので、事前の調査を行う必要が出てきます。

クレジットカードの現金化を「自分で行う」場合の安全性について考察

まず、自分でやる場合ですが、個人的にできる換金方法と言えば新幹線の回数券、換金性の高い物を売る、という方法ぐらいしかありません。

そして自分で全て行うのであれば、何を購入するのか?そして換金まで全てやる必要性があるのでかなり面倒ですが、誰かの手を借りないという意味では安全かもしれません。

しかし、クレジットカード会社によっては「この人急に換金性の高い物を買い始めたぞ?」とすぐにマークされてしまうリスクがあります。

特に普段からキャッシング枠一杯にお金を借りている場合、ショッピング枠を使ってよく換金性の高い物を買う人は、クレジットカード会社内で「現金化に手を出すかも?」と要注意人物になっている可能性も高いのです。

そのため、運が悪いとクレジットカード会社から電話がかかってくることがあり、ここからクレジットカードの現金化をしてたことがバレる事も非常に多いのです。

よって、安全性の面から見ると個人的にやるのはクレジットカード会社に目を付けられ、カード利用停止になってしまう恐れがあるのです。

個人よりも業者のほうが安全なのか?クレジットカード現金化業者を利用する安全性はあるのか?

最近はクレジットカード会社も現金化による不正利用を警戒しており、個人で現金化をしようとすれば眼を付けられ、現金化している疑いがすぐにかかってしまいます。

では、クレジットカードを現金化する業者を利用したほうがバレにくいのでしょうか?

確かにクレジットカード現金化業者を利用すれば、見た目上は「ネットでお買い物をしただけ」にしか見えず、銀行にお金がキックバックで入っていることはカード会社にはわかりません。

しかし、クレジットカード現金化業者も悪質な業者もいる場合がありますので、詐欺などによる被害を防ぐためには利用する前に念入りなリサーチが必要です。

また、クレジットカード現金化業者を調べるためには利用者などの口コミなどを確認したり、比較サイトなどでの評価を見るのが良いですが、少し時間がかかってしまいますので急ぎの人にとっては入念にできない可能性もあります。

なので、安全面から見るとカード会社にバレる可能性は低いかもしれませんが、利用する上で安全な業者を探すのが大変かもしれません。

以上から、クレジットカード現金化は個人でやる場合と業者を利用する方法で安全性は大きく異なりますので、よくよく検討して判断してください。

PageTop