クレジットカードの現金化で気をつけたい悪徳業者を看破するためのポイント2点

目次(クリックして表示)

クレジットカード現金化業者はどういう事をしているスタッフたちなのか?

クレジットカードは様々なサービスや支払いに利用する事ができますので、とても便利ではありますが支払いがデビットカードのように銀行口座から即座に引き落としとはなりませんので、大抵は翌月にまとめて支払いとなってしまいます。

そのため、使いすぎには注意しなければクレジットカード会社からの請求で大変なことになってしまいますので、クレジットカードを利用したら「何にいくら使ったか?」を自分なりに把握しておきましょう。

そしてクレジットカードを用いた現金化と言えば「キャッシング?」と思うかもしれませんが、クレジットカードの現金化はキャッシングではなく「換金性の高い物を購入して売ってお金にする」という方法です。

ただし、この方法はクレジットカード会社が認めておりませんので、現金化がもしも発覚したらカードの利用停止や利用料金の一括請求など厳しいペナルティが発生してしまいます。

このクレジットカードを使った現金化では、クレジットカード現金化業者という現金化サービスを提供している業者も登場しています。

しかし、中には「高還元率!」「身分証明証不要!」といったアピールで利用者を集めて、個人情報やクレジットカードの情報を奪おうとする悪徳業者も存在しており、実際に被害なども出ていることから完全に信頼するのは難しい部分もあります。

悪徳なクレジットカード現金化業者による被害の実態と利用者の立場

クレジットカード現金化業者の中には利用者のクレジットカード情報や個人情報を取得して、それらを悪用して儲ける悪徳業者もいます。

通常、お客様から預かったクレジットカードや個人情報は厳重な管理をしなければなりませんが、悪質なクレジットカード現金化業者であればそんな事は知ったことではありませんので、逆にお金のために闇に流したりするのです。

結果としてクレジットカードが悪用されてしまって大損害となったり、変な電話や迷惑メールが届くようになったりするなど、悪徳業者を利用した後で様々な損失を受けている方がいるのです。

しかも上記で触れたとおり、クレジットカード現金化はカード会社が認めておりませんので、被害にあった事を相談したりするとカードを利用停止にされてしまうため、実態としては泣き寝入りになっている状態です。

他にも振り込まれるお金が振り込まれていない、難癖を付けられて本来振り込まれる金額から大幅に減ってしまったお金しか振り込まれなかったということも、悪質な業者を利用したことで起きているトラブルです。

このような悪徳業者を見抜く方法は無いのでしょうか?

要チェック!悪徳なクレジットカード現金化業者の特徴

悪徳業者を見抜くのは難しく、向こうも巧妙なやり方でこちらに悪質であることを気付かれないように工夫しているため、ネットの情報だけ完全に看破する事は難しいです。

ですが、以下のような点等がもしも引っかかる、気になったのであれば、悪質な業者である可能性があるので注意してみましょう。

古物商認可を得ていることを強くアピールしている

古物商の許可というのは「古物営業法」と呼ばれる古物(中古品)を買取、売却する際に必要となる古物商許可が必須となります。

クレジットカード現金化業者もこの古物商許可を取得していなければ営業できないので、もしもサイトにどこにも古物商許可の表示が無いなら要注意です。

しかし、古物商の許可をとっていることを強調して安心感を誘うようなアピールにも要注意です。

そもそも古物商許可は個人でも取得可能であり、管轄の公安委員会へ申請書類と申請料金を持っていけば取得不可能な条件に引っかからない限り、少し手間はかかりますが即日で誰でも取れる簡単な資格です。

このような簡単に取得できる古物商認可を強くアピールするというのは、逆に言えばそれぐらいしかサイトを訪れた人を安心させられる材料が無いので、悪徳とまではまだ判断できませんが少し首をかしげる程度に不審に思っても良いでしょう。

ポータルサイトや掲示板などの口コミや体験談・評価が悪かった

クレジットカード現金化業者全般において共通していることですが、業者について調べるのであればやはり利用者の口コミや体験談も参考にしたいところです。

口コミなどはクレジットカード現金化業者の比較サイトがまとめている場合が多いのですが、できれば1つのサイトよりも複数のサイトで調べたほうが良いでしょう。

調べていく時はしっかりと口コミに目を通して「良かった」だけの抽象的な内容より、「こういう対応だった」「利用金額に対して○○円だった」のような具体的な内容を参考にしていきましょう。

また、「電話対応が雑だった」「即日振込みだったのに翌日だった!」という評価があれば要注意ですが、逆に全員が褒め称えているなら「安心?」と思うかもしれませんが、まだ大丈夫だと判断するのは早いです。

できれば比較サイトなども覗いてみることで、もしかすると評価が真逆の内容となっていることもあるため、1つの評価を鵜呑みに信じるよりも沢山の口コミや体験談を調べましょう。

以上から、少しでも「怪しいな」「矛盾しているんじゃないか?」と思える点があったりした時は、悪徳業者の可能性も考慮して後の被害を防ぎましょう。

為になる記事

PageTop