個人事業主の運転資金に役立てる取り組み

個人事業主がクレジットカード現金化をする際は、法人カードの利用が便利です。なぜならショッピング枠が大きいからです。事業コストの名目なら用途は様々に設定できます。

芸能人は華やかですね。しかし収入が安定しません。
すると住宅ローンが組めないとか。
立場に応じた苦労はあるようです。
もちろん個人事業主なら、こんな話も納得できるでしょう。
サラリーマンは辛いでしょうが、 お金を借りるという点では有利です。
脱サラを考えている人は、覚えておきましょう。
とはいえ個人事業主でも、 現金化という方法がありますけどね。

個人のカードで現金化できます

サラリーマン時代に作った個人用のクレジットカードがあれば、 現金化は可能です。
もちろん転職した際は、カード会社へ連絡するのが礼儀です。
しかし義務ではありません。
支払いが滞っていなければ、カード会社にとって関係ないからです。
逆に知らされると何らかの手を打たなければなりませんので、 本音を言えば迷惑でもあります。
ならば脱サラして個人事業主になっても、 持っているカードを使いましょう。
なお個人事業主になってから新たなカードを作るのは難しいです。
そのため脱サラを考えているなら、 定期収入がある間にカードをたくさん作っておきましょう。

法人カードで現金化できます

事業を立ち上げると、収入が不安定になりがちです。
そのため銀行やカード会社からのチェックは厳しくなります。
一度でも返済が遅れるとマークされますよ。
とはいえ会社になれば法人カードが作れます。
もちろん原則はプライベート向けの使用が禁止されます。
あくまでも事業上の支払い用です。
しかし法人カードはショッピング枠が個人の比ではありません。
当然ですよね。仕事をするには様々なものが入用になります。
一括して資材を購入することもあります。
一方会社でもティッシュは使いますし、 営業のために食事もするでしょう。
ならば現金化でも支払いが滞らない限り、 カード会社に口を挟む余地は与えません。
ちなみに専用の現金化業者なら、 法人向けの換金率優遇プランもありますよ。

家族のカードで現金化できます

脱サラする際、配偶者はどうしていますか。
一緒に事業をしますか。
可能であれば、安定するまでの間、外で働いてもらいましょう。
そしてカードを作っておきましょう。
つまり家族のカードで現金化する選択肢を残しておきましょう。
家族まで巻き込むのか!家族も一心同体です。

さあどうしますかく

個人事業主であれば運転資金をどうするか。
そんな際には現金化も選択肢のひとつです。
法人向けの優遇プランもあるようです。
法人カードなら、ショッピング枠が大きいはずですよ。
有効に使いましょう

PageTop

Copyrights (c) 2014 - 2016 マネフレ All rights reserved.
キャッシュライン