フリーターたちの定期収入に繋がるステップアップ

フリーターや非正規雇用者でもカードが作れます。その流れからクレジットカード現金化も可能です。
派遣社員なら雇用切れの期間を凌げますよ。夢を実現するためにも現金化を有効活用していきましょう!

フリーターが増えています。
もちろん何らかの目的を持っているが故に、あえて正規雇用されない!
若い間はそれでもよいでしょう。
しかし30歳となる前には何らかの決断をしましょう。
一方でクレジットカードも作っておきましょう。
カードさえあれば、いつでも現金化できるからです。

不定期のフリーター

夢を追うことは良いことです。
日本はまだそれができる社会です。
だからこそお金が入用になることもありますね。
親の脛が齧れるなら齧りましょう。それも親孝行です。
犯罪に手を染めるよりはましですね。
とはいえ甘えてばかりでもいけません。
自分で現金を作りましょう。
もちろん働くべきですが、クレジットカードがあれば、 一時的に現金化することも選択肢に置くべきです。
不定期のフリーターであっても、月収に変動があるだけなら、 増えることもあるはずです。
カード会社も許容してくれます。リボ払いだってありますよ。
夢が当たれば、上顧客になりまから。

定期収入があるフリーター

昨今増えているのは、定期収入のあるフリーターでしょう。
当人の気持ちは、できれば正社員として働きたい!
中には正社員と同等、 それ以上の働きをしているケースもあるでしょう。
しかし制度上はフリーターのまま。
ここから抜け出すためにはどうするか。
何らかの方法でステップアップする必要がありますね。
その出費をどうするか。現金化で捻出しましょう。
定期収入があるのでカード会社は、何らの異議もないはずです。
言い換えれば定期収入が続いている間に、 複数のカードを作っておきましょう。
今の時代です。正規雇用に拘っていると、 カードを作る人がいなくなります。
カード会社も顧客獲得に必死です。

非正規雇用の場合はどうか

非正規雇用だけどアルバイトやパートではない。
例えば派遣社員や契約社員などがあります。中途半端ですね。
こちらの方が有期である分、不安定と言えるかもしれません。
つまり契約が切れて次の仕事が決まるまでの間は、 現金が不足する事例が多いようです。
ここで役立つのが現金化です。
当座を凌ぐには十分でしょう。
数万円程度であれば、次の仕事で挽回できますよ。
派遣社員であってもカードは作れます。
ここでも働いている間にカードをたくさん作っておきましょう。
カードの数は、社会的信用のバロメータなのです。

さあどうしますかく

フリーターや非正規雇用という現状を嘆いても仕方ありません。
立場に応じた戦い方があります。
アメリカほどではありませんが、カードは社会人の証です。
現金化を活用して、社会に挑戦していきましょう。

PageTop

Copyrights (c) 2014 - 2016 マネフレ All rights reserved.
キャッシュライン