家計の足しにパート主婦など女性たちの頼み綱

多く女性の主婦層たちがクレジットカード現金化をする際は、買い物依存症や使いすぎに注意しましょう。
一方で独身時代にカードを作っておきましょう。
パートに出た際もチャンスではあります。

女性の社会進出が目立ってきました。
一億総活躍社会ですから、当たり前のことです。
とはいえ働きに出れば収入が増えるでしょう。
収入に見合った生活をすべきでしょうが、ついつい欲には負けます。
もちろん生活する上で不可欠な出費もあります。
しかし手持ちがなければどうするか、それが現金化です。
ならば女性がクレジットカードで現金化する際の注意点について考えてみましょう。

1.OL

かつてはOLとして数年働けば、寿退社が待っていました。
しかし今は結婚したとしても共働きが増えています。
ならば独身のうちに人生を謳歌する!
クレジットカードも使い放題ですね。
なお日頃からクレジットカードを利用していれば、カード会社としてもお得意様になります。
すると徐々にショッピング枠が広がってきますね。
相応の会社に勤めていれば信用力があるので、OLでも簡単に現金化できます。
ただしカードの返済が苦しくなったから現金化に手を出す!
厳しい状況の人もいます。
買い物依存症には注意しましょう。

2.専業主婦

結婚して専業主婦になった後、多くの女性は気付きます。
自分には自由にできるお金がない!
そこで旦那の収入を一元管理!
中には数百万円のへそくりを蓄える兵主婦もいます。
もちろん専業主婦なら当人の収入がありません。
基本的に新たなクレジットカードは作れません。
そのため結婚前に作っておくことをお奨めします。
一方で夫のカードを借用するパターンもあるでしょう。
カード会社にも当然ですが、夫にもばれないように。
したがって月1、2万円程度の少額に止めることが成功の秘訣です。
なお消費者金融の総量規制により、現金化に流れている主婦が増えているようです。
生活費のためであっても、使いすぎには注意しましょう。

3.パート主婦

子供の教育費もあるでしょう。
内に篭ってしまわないためにも、主婦がパートに出るのは良いことです。
すると流通系のクレジットカードなどは作れるようになります。
勤めているスーパーやコンビニでカードを扱っていればラッキーですね。
クレジットカードは、作れる時に作っておきましょう。
昨今は年会費無料なども増えています。
作った後に眠らせておいても損することはありません。
なお主婦であれば103万円の壁がありますね。
そこから現金化を思いつくケースもあるようです。
もちろん収入の範囲内で止めましょう。
何のために働いているかわからなくならないように注意しましょう。

普段以上に生活が潤う

男女平等社会とはいえ、女性の収入は相対的に少ないですね。
また主婦やパートなど立場が変わりやすいのでカードの利用も制限されます。
とはいえ女性としての才覚を活かし、クレジットカード現金化で生活に潤いを与えてみませんか。

PageTop

Copyrights (c) 2014 - 2016 マネフレ All rights reserved.
キャッシュライン