キャッシングとクレジットカード現金化の違いを比較・検証する

目次(クリックして表示)

キャッシングとは

「クレジットカードのキャッシング」と「クレジットカードの現金化」、その違いがどこにあるかを知っていますか?どちらも利用者にとっては便利なサービスですがよく見ると違いがいっぱい。キャッシングについて知ると共に、キャッシングと現金化の特色と両者の違いを徹底的に検証してみましょう。

キャッシングと現金化の違いや特徴は?

キャッシングの特長は返済方法の方式にあった

キャッシングもカードローンも、また消費者金融も、金融機関からお金を借り入れということに関しては同じです。いずれもコンビニなどのATMを利用することができ、発生した利息を含めて返済を行うという共通点が。

キャッシングが他のサービスと異なるのは返済方法の方式です。
キャッシングで借りたお金は翌月に一括払いで返済するのが主流。その他にリボ払いという、あらかじめ決めておいた一定額を返済する方法もできます。

そもそも「キャッシング」というのは、クレジットカードのキャッシング枠の限度額の範囲内でお金を借りれるサービスのこと。無制限に借りられるわけではありませんから、事前に限度額を確認しておくことが大切です。

キャッシングの利用の仕方とメリット

キャッシングを利用する場合は、クレジットカードを作る際にキャッシング枠の申請をします。もちろん審査はありますが、審査に通ればキャッシングの金額を自分で設定することが可能。クレジットカードを作った後でもカード会社に申請すればキャッシング機能を追加できます。

利用方法はシンプル。コンビニや銀行のATMの取引メニューを選択し、暗証番号と借入金額、返済方法を入力するだけです。

事前にキャッシング枠を作っておけばお金が必要になったときにすぐに利用できるのがメリット。また、海外での急な出費にも対応できるサービスも利用できます。
さらにクレジットカードの支払い時に一緒に返済の引き落としもできるという利便性に加え、一括返済にすることで利息を抑えることもできます。

注意が必要なキャッシングのデメリットと噂の真相

一方でキャッシングを利用するにあたって注意が必要なこともあります。

キャッシングは一括返済を前提に金利が設定されており、その率はカードローンに比べると高めになっています。キャッシングでもリボ払いを選択できますが、高い利率で返済が続くことになってしまうためあまりお勧めはできません。
また利用限度額もクレジットショッピング枠よりも低く設定されており、大きな金額を借入れるのに不向きです。少額を借りて短期で返したいという人にとって使い勝手のよいシステムであるといえるでしょう。

もう一つ注意しておきたいのは、キャッシング枠はショッピング枠に含まれているということ。ショッピング枠で多額の買い物をしてしまうとその分キャッシング枠の金額は減ります。

ところでキャッシングの審査は甘いという噂は本当なのでしょうか。
残念ながらそんなことはありません。ただし、普通のクレジットカードに比べて審査が通りやすいといわれているのがネット系や流通系のクレジットカード。入会がしやすくポイントをためやすいため高い人気があります。


現金化とキャッシングの仕組みを徹底解析!両者の違いも検証

簡単に借りられて返済方法も選べるのが魅力のキャッシング

一般的にキャッシングとは広い意味で「お金を借りる」という意味ですから、本来でしたらカードローンや消費者金融のサービスもキャッシングです。しかし現在では一般的にクレジットカードに付帯する「キャッシング枠」を使ってお金を借りることに使われます。

消費者金融サービスやカードローンと同様、無担保、保証人不要で本人の信用だけで融資を受けることができます。借入はコンビニや金融機関のATMで行うことができ、利息を含めた金額を返済するのも他のサービスと共通です。
返済はクレジットカードの支払いと同時にひき落としがかかります。クレジットの支払いを一括で設定していれば一括引き落とし、リボ払いで設定していれば毎月一定額引き落としで返済することに。
利用できる金額があらかじめ設定されており、限度額の範囲内でお金を借りることができます。

クレジットカードのショッピング枠を利用する現金化

現金化はクレジットカードの「ショッピング枠」を活用したサービスです。主に金融機関でお金を借りられなかったり、カードのクレジット枠が上限に達してしまった人によく利用されています。
現金化業者の指定する商品をネットのカード決済で購入すると、業者の設定する還元率から手数料を差し引いた金額が利用者の口座に振り込まれるというサービスです。

申込はネットや電話で受け付けており、ネット申込の場合は24時間受付を行っている会社もあります。また申込から振込まで数時間足らずで完了することが多く、希望してすぐに現金を手にすることが可能。業者の指定するネットバンク口座を所持していれば、営業時間を気にすることなく24時間入金確認ができるというメリットも。

現金化には利用者が購入した商品を買い取って換金する「買取式」と、業者のサイトで購入した商品の金額に見合ったキャッシュバックを行う「キャッシュバック方式」が主に採用されています。

クレジットカードを使用しながら全く別業種のキャッシングと現金化

キャッシングは貸金業、現金化は古物商先にも述べたように、キャッシングはお金を融資するサービスで、貸金業のくくりに相当します。クレジットカードを作る際にキャッシング枠の申し込みをしておけばその時に審査が行われますので、他の貸付サービスのように借り入れの際の審査はありません。借りたい時にスムーズにお金を借りられるのが利点。

カードを作った後にキャッシング枠の申請もできます。個人信用情報や過去の金融事故歴、現在の借入状況などから、返済能力があるかどうかといった審査を経て、クリアすればキャッシングを利用することができます。
現金化は利用者の所持する商品に対しての換金を行うため「古物商」の扱いになります。よって融資を行う貸金業とは全く別のジャンルであり、それぞれの法律にのっとって運営されています。
現金化にはキャッシング枠のような審査がなく、個人情報とカードの不正利用がないことが確認されれば手続きを行うことができます。

キャッシング利用の思わぬ落とし穴!ローンを組む際に不利に?

手軽にお金を借りられることで見落とされがちなのが、キャッシングを利用することが借入履歴に残るということ。自動車や住宅ローンを組もうとしたときに、キャッシングを利用していると、すでに借入しているお金としてカウントされてしまいます。そのため銀行からの融資が受けられなくなってしまうということも起こりうるわけです。
その点現金化サービスはその特色からお金を借りているわけではないので借入履歴には残りません。当然銀行ローンの審査にも影響はありません。

もう一つキャッシングの注意点は、不正利用されたときに盗難保険が効かないということ。クレジットカードにはたいがい盗難保険がついておりショッピング枠を利用された際には持ち主の過失とみなされないので請求が発生しても保険で対応してもらえます。
対してキャッシングは暗証番号が流出したことになりますので持ち主の過失とみなされると、盗難保険の適応外となってしまうことがあるのです。

便利な現金化を安全に利用するためのポイント

近年人気の高い現金化サービスですが、優良業者の中に悪徳業者が紛れていることもまれにあります。
そこで失敗しない業者選びのポイントについてご紹介しましょう。まず業者の現金化サイトを確認し、会社概要をチェックすること。会社の所在地や代表者などが明確に表記されているかを確認しましょう。

また、還元率99%など、あまりにも高い還元率を謳っている業者はかえって危険です。現金の高額特典などをキャンペーンとして行っている業者にも気を付けましょう。
申込の際にクレジットカードの情報を開示するよう求める業者も悪徳業者です。暗証番号まで聞き出そうとするケースもありますので注意してください。

マネフレとは(現金化とは)

PageTop

PageTop

Copyrights (c) 2014 ~〔最新2017.12月冬版〕マネフレ All rights reserved.