ライフの詳細情報

目次(クリックして表示)

社会人になれば一枚ぐらいは持っているであろうクレジットカードですがカードを持っていても現金が必要になる事態が迫られる事は必ず遭遇します。けれど急には用意できず消費者金融でキャッシングか前もって貯金しておくかぐらいしか対処できないと思われがちです。

ライフ
ライフの魅力
クレジットカードもちょっとした応用で現金化を可能にする事も充分可能なのだと言う事を紹介していきましょう。
  • 入金スピード最短5分
  • 還元率97.8%
  • 営業時間AM9:00~21:00 (電話受付時間)
  • トータル評価 

LIFEでクレジットカード現金化できると言うのはどういう事なのか?

LIFEでクレジットカードの現金化は内容を知らない人からするとLIFEでクレジットカードのキャッシング枠を使って現金を用意するイメージを持たれそうですがLIFEでクレジットカードを使う点までは正解です。

LIFEで使うのはクレジットカードの「ショッピング枠」です。

ショッピング枠には使える金額が設定されていると思いますが残っているショッピング枠の分だけ現金化をしてもらう事で可能になります。
ショッピング枠から現金化すると言ってもやっている事は一言で言うなら「ショッピング枠で買った商品の買い取り」です。
過去にリユースショップやオークション等で物の売却をした経験があるかもしれませんがそれと同じと思ってもらって結構です。

LIFEでクレジットカードの現金化の手順はどうすればいいのか?

現金化の内容が分かったら次は実践手順です。
とは言っても手順は非常に簡単です、これから紹介していきましょう。

(1)申し込み
現金化を始めるには申し込みをしないといけません。
公式HPから申し込みのページに行き、氏名や電話番号、必要な金額等を申し込みます。
その後にLIFE側から確認の電話が折り返しできますので今は待ちましょう。

(2)指定された商品の購入
欲しい金額分だけを自身のクレジットカードを使って購入します。
この時に指定される商品はLIFEに限らず業者側で決めますが家電やゲーム機、搭乗チケット等比較的換金率の高い物を指定する傾向にあります。
購入したらLIFEへ商品発送をし確認を取ります。

(3)現金をお振込み
確認が取れたら自身の口座へ振り込みます。
その際の受け取り口座に指定はありませんが推奨されているのは
・ジャパンネット銀行
・楽天銀行
インターネット上でのやり取りがメインのインターネットバンキングの二社ならば曜日を問わず24時間365日入金確認ができる為即日入金がしたいのであれば口座を作っておいた方が良いでしょう。
また日本全国の郵便局でやり取りができるゆうちょ銀行も同様に対応している為LIFE側ではこの3つの銀行を受け取り口座として推奨しています。

ライフのクレジットカード現金化は、とてもシンプルで簡単で一度使えば次回の利用でも戸惑う事は無いでしょう。

次はLIFEに関係する事を二つ程紹介していきましょう。LIFEとは言いましたが恐らくどの同業他社でも言える事なのでしっかりと見ておく事をオススメします。

クレジットカードの現金化の需要が生まれたのか?

貴重なクレジットカードのショッピング枠を消費してまでわざわざ現金化なんて一見すると馬鹿らしく思えるかもしれませんが潰してまで使いたい需要もあるからです。

クレジットカードに対応していないお店も多い
クレジットカードはお店で使えるのは確かですがどのお店でも絶対に使えると言う訳ではありません。
その理由として「導入する為の費用が高い」点にあります。

クレジットカード決済はカード決済代行会社が行う事で可能になりますがその際にかかる初期費用だけでも数万円は勿論数十万円台と高く月額費用も安くて数千円台で実際は数万円台が相場です。

そこまでして導入するぐらいならその費用分だけ商品を安くしてお客様に提供した方がいいのスタンスを取る企業も未だ多くそれらのお店だと現金払いに絞られます。

そうなるとクレジットカードは使えずお金はあっても買えない事になるので現金も別途に必要になり簡単に準備できるとなると現金化業者で現金化してもらってすぐに用意してもらいたいと言う需要が生まれて来ます。

電車やバスの切符が買えないから
現在は電車やバスのチケットも予約やみどりの窓口等でクレジットカードで買える様になっていますがあくまで人がいる環境での話になります。
電車の場合は地方だと無人駅も多く人がいない為券売機で乗車券を買うしかありません。そうなると現金しか使えないのでクレジットカードはここではお荷物でしかありません。現金ならばそう言った場面でも対応できるので電車を利用する人には現金化をするメリットはあるといっても良いです。
一方でバスの場合もバスセンターの窓口でなら買えますが大体はバスに搭乗して後から現金での清算になりクレジットカードには対応していないので現金が必要になります。

現金化も万能とは限らない、デメリットも存在している

クレジットの現金化はここまで悪い面が無い様に見えますがデメリットが全く無いと言う訳ではありません、いざやってみると見えてくるデメリットも出て来ます。

そのままの値段で換金される訳では無い
業者の指定する通りに購入して換金と言う形で現金化をしてはもらいますがこの金額通りに現金化してもらえるとは限りません、業者側で設定した換金率で現金にする為元より少し少ないのが殆どです。

LIFEも例外ではありません。例えば5万円程欲しいであっても..

A社は91%で現金化の4万5千円
B社は93%で現金化の4万6千円

会社毎に金額に合わせた換金率が違うので同じ値段でもバラつきが出て来ます。
もっとも欲しい金額そのまま貰える訳では無いと言う点ではどこも共通はしています。

使った分のショッピング枠の支払いは必要になってくる
現金化と言う目的の為とは言えカード会社からすれば買い物した事に変わりがないので通常の利用と同じように現金化で使った分のショッピング枠の支払いは請求してきます。
その為支払い義務もちゃんと残っているので拒否なんてすればカード停止、悪くて強制解約で信用情報に傷が付きますので支払わなければいけません。
ただ支払い方法に関しては業者側では指定はしていませんので一括や分割等の自分の都合に合う支払い方を選べます。

LIFEでの現金化は非常にスピーディーで現金が必要な時には助けられる存在となり、財布にお金を入れる最後の手段ぐらいの認識で慎重に行うのが、安全かつ安心して現金を用意できるライフの現金化となることでしょう。

PageTop

Copyrights (c) 2014 ~〔最新2017.11月秋版〕マネフレ All rights reserved.