ファストキャッシュの詳細情報

目次(クリックして表示)

安全性が高いキャッシュバック方式を採用しているファストキャッシュは、土日祝日でも必要な時にすぐに現金化できるサービスを提供しています。

ファストキャッシュ
現金化サービスを利用できる範囲は、クレジットカードのショッピング枠が設定されている範囲内であって、上限はクレジットカードの利用限度額次第です。

ファストキャッシュのキャッシュバックキャンペーン実施中
  • 入金スピード最短3分
  • 還元率95%
  • 営業時間8:00~20:00
  • トータル評価ファストキャッシュ 星5つ

ファストキャッシュならキャッシュバック方式

クレジットカードのショッピング枠を現金化する際には、買取方式とキャッシュバック方式の2種類が存在します。

買取方式ではカード会社に現金化を行なった事実を知られやすくなっているので、より安全性が高いとされるキャッシュバック方式を採用しているわけです。

現金化したい金額に応じた商品購入を行い、クレジットカード決済を行なったと確認でき次第、キャッシュバック特典として指定銀行口座へ現金振込を実施します。

後日自宅へ配送される購入商品を受け取れば取引は完了です。

商品を受取る前にショッピング枠を現金化できるので、クレジットカード決済を早く行うほど、入金されるまでの時間が早くなる特徴があります。

即日プランと法人カードプランを用意している

ファストキャッシュの即日プランと法人カードプランを用意ファストキャッシュの現金化サービスは、即日プランと法人カードプランの2種類用意されています。

個人ならば即日プランが利用できるので、すぐに必要な金額を審査無しで現金化したい需要に合っているわけです。

法人の場合には、現金化に利用するクレジットカードを平日以外に使うと不自然となるので、即日現金化よりも利用限度額が大きな分だけ換金率を重視しています。

ファストキャッシュでは、1万円といった少額の現金化にも対応しており、法人カードならば数百万円といった利用方法も可能です。

既にクレジットカード会社の与信枠を得ているので、新たな審査は不要となっており、買物を行う感覚で現金化サービスを利用できます。

土日祝日でも必要な時にすぐに現金化できる

個人向けの即日プランならば、土日祝日であっても電話対応時間を8時~20時迄と定めているので、現金が必要となった時にすぐに利用可能です。

クレジットカードは24時間いつでも利用できますが、銀行口座は平日15時迄しか即日振込が反映されない銀行が少なくありません。

しかし、銀行口座を振込先として指定すれば、平日土日夜間関係なくいつでも現金化可能です。

なぜなら、同一銀行内で資金移動する際には、銀行間を跨ぐシステムを利用する必要が無いので、自銀行内の資金移動だけで済みます。

ファストキャッシュでは、ゆうちょ銀行・楽天銀行・ジャパンネット銀行の口座を保有することで、対応可能としているわけです。

創業以来安全性を重視してカードトラブル無し

クレジットカード現金化サービスは、カード会社の利用規約違反となる行為ですが、必ずしも法律に触れる行為ではありません。

ファストキャッシュが採用しているキャッシュバック方式ならば、売買契約と商品の引き渡しをしっかり行なっているので、商品購入特典として現金キャッシュバックを受けているに過ぎません。

創業してから安全性重視の営業を行なっているので、クレジットカード現金化サービスを利用したことによるカードトラブルは発生していません。

独自のノウハウにより、現金化によるサービスを利用していると分からないようにカード決済を行なっているからです。

現金化業者ごとに異なるノウハウがあるので、同様に一般的な買物として決済しています。

ショッピング枠の範囲内なら利用金額自由

ショッピング枠の範囲内なら利用金額自由のファストキャッシュ!ショッピング枠を現金化する際には、現金化可能額は手持ちのクレジットカードに設定されているショッピング枠の金額次第です。

利用限度額の範囲内ならば、自由に買物ができることと同様に、ショッピング枠の現金化を行う際には、クレジットカードの利用限度額の範囲内ならば好きな金額を指定できます。

キャッシング枠とは異なり、多くのクレジットカードで1桁台の分割払い金利が設定されているはずです。

キャッシング枠を利用するよりも、2年以上の分割払いを利用するなら現金化サービスを利用した方が、返済総額を減らせる可能性が高いです。

何より新たに審査を受ける必要が無いので、現金が必要になってから振り込まれる迄の時間を最小限に抑えられます。

個人情報の保護を徹底してセキュリティー重視

営業方針として、個人情報の保護を徹底し、現金化サービスを利用する際の取引のみに個人情報を利用します。

家族や会社に対して、現金化サービスを利用しているとバレてしまわないように、細心の注意を払っているわけです。

ファストキャッシュで現金化する際には、クレジットカード利用者本人と確認するために、本人確認書類の提出を求めています。

しかし、取引以外では一切個人情報を使用せずに、本人確認は現金化サービス利用可否の判断をする時のみです。

情報漏洩対策を徹底しており、セキュリティー重視で取り扱うことから、個人情報の保護徹底を行なっています。

PageTop