どんどん普及している自分に合う電子マネーカードの使う方法

どんどん普及している電子マネーカードとは!?

電子マネーはどんどん普及してきているチャージ式で使えるカード型のものになります。
どんな使い方があるのでしょうか?

自分に合った電子マネーを使いましょう!

財布を忘れても心配ない便利なプリペイド式

カードの中にお金をチャージして使う方法です。
スイカやイコカなどの電車で使えるものや提携しているショップでも使う事ができます。
現金を持ち歩きたくない場合でもチャージしておけば使えるので便利です。
また、財布を忘れてしまった時などもカードさえ持っていれば何かと使えるショップがあるので、便利です。
プリペイド式ですので、自分でお金を入金する形になるので、使い過ぎてしまうという心配はありません。

保険適用・保証があるので安心なポストペイ式

こちらはチャージしなくても使えるカードで後から支払いの請求がくる形です。
また、支払い時にはサインや暗証番号も必要ないため支払いがスムーズなので、朝の時間がない買い物でも便利です。
また、落とした場合は保険適用もあるので万が一落としてしまったとしても保証があるので安心ですよね?
支払う度にポイントやマイレージが貯まるものもあり、利用価値があります。
プリペイド式でもポストペイ式でも非常に便利な事は確かですので、自分の合っているカードを使うといいでしょう。
また必要に合わせて使い分けもできるので、両方持っている人も中にはいます。

使い分けできる電子マネーには様々な種類や価値があります。

通勤通学に便利な馴染みの交通系プリペイドカード

電車通学や通勤している人にはお馴染みで便利なカードです。
券売機でチャージできるタイプのカードなので、たくさん入金しておけば乗り降りもスムーズです。
また改札が混雑時している場合でもチャージしているだけで券売機に並ぶ事なく改札を通れるので時間短縮にもなります。
種類は地方で様々あり「Suica」「PASMO」「ICOCA」「PiTaPa」「TOICA」「Kitaca」「SUGOCA」などがあります。

買い物系プリペイドカードは便利!

加盟している店舗で使える便利なカードです。
カードを持っているだけで購入時に特典がある場合もあります。
種類は「Edy」「nanaco」「WAON」などです。

利己的な使い方ができる買い物系ポストペイカードの魅力

チャージ式ではなく、後払いするものです。
ポイントを貯める事ができたり、マイレージを貯められるカードもあるところが魅力でしょう。
使い方は色々ありますし、持つ人に合ったカードを選ぶ事が一番ですので、自分の生活に合ったカードを選びましょう。
また、何枚持っていても使い分けてサービスを得られるという方法もあるので、それも便利で利己的な使い方です。

電子マネーはクレジットカードを越えられない訳とは!?

電子マネーとクレジットカードの利用頻度と利用額の違いを考察します。

実際はそんなに利用頻度は高くない電子マネー

現在私は電子マネーもクレジットカードも両方利用しています。
しかし、利用頻度や利用金額においてはまだまだクレジットカードが圧倒的です。
具体的に言えばクレジットカードと電子マネーを比べてみれば、利用頻度は電子マネーが全体の20%くらいで、金額では全体の5%しかならないのが現実です。
されど、電子マネーはおサイフケータイなどの利用ができるので、気軽にチャージしたりできる面においてはクレジットカードよりも使いやすい面は多々あり、クレジットカードからチャージをすればポイントの還元率がクレジットカードよりも有利になることもあります。

電子マネーがさほど使われていない2つの理由

①クレジットカードに比べ活躍する場が圧倒的に少ない

電子マネーが使えるのはコンビニエンスストアーもしくは一部の大型店舗のみで、飲食店や地域スーパーマーケットには未だばらつきなどが目立ちます。
それに比べクレジットカードが使える場所は広範囲に渡り活用範囲があるので、利便性から考えてもクレジットカードの方が電子マネーよりも大きいことが言えるでしょう。
しかしながら最近では電子マネーを有効活用できる方向で考えている企業や店舗もあり、増えてきている印象はありますが、未だかつて電子マネーの普及率が乏しいのが難点かもしれません。

②幾度と行うチャージの手間と面倒がかかる

もう一つは電子マネーはプリペイド式であることです。
何か買い物をする前に、あらかじめ電子マネーをチャージしておかないと利用することができないという面倒な点が挙げられます。
スキミングや紛失などによる安全性を重視していると言えばそれまででしょうが、その安全性の重視が利便性を損なっていることもまた確かです。
ふとした場面で電子マネーを使用する際に残金不足で恥ずかしい思いをした..というお客様の声もしばしば聴いたことがあります。
それにプリペイドのシステムでは、高額の支払いに電子マネーを利用することに幾度が抵抗があるという人もいらっしゃるようです。

電子マネーとクレジットカードは使い分けが必要

無駄な小銭や現金などを持ちたくないという便利なカードや電子マネーはやはり生活や用途に応じて、自己の使い分ける場面を事前に決めておくことが必要だと考えられます。

PageTop

Copyrights (c) 2014 - 2016 マネフレ All rights reserved.
キャッシュライン