閉店・閉鎖をした現金化サイト一覧

目次(クリックして表示)

閉店した現金化サイトの情報を定期的にチェックしよう

クレジットカード現金化業界では毎年多くの新しい店舗が誕生しています。

その反面、多くの現金化業者がいつの間にか閉店しているということも。

現金化業界の流れとして、開店と閉店を繰り返すことで代謝が高まるという側面があるので突然の閉店も悪いことばかりではありません。

ただし、「今すぐ現金化したい!」という時にお気に入りのクレジットカード現金化業者が閉店していたらパニックになりかねません。

現金化業界はいつ閉店するかわからないものと捉え、こまめに当サイトなどで現金化の閉店・閉鎖情報をチェックしましょう。

クレジットカード現金化業者の閉店にはどんな理由が考えられる?

クレジットカード現金化業者が閉店する大きな理由は主に「経営状況の悪化」「社内トラブルの勃発」「警察による違法取り締まり」の3つです。

3つ目の「警察による違法取り締まり」に関しては後ほど詳しく触れることにして、その他の2つについて詳しくみていきましょう。

まず「経営状況の悪化」について。
クレジットカード現金化業者は現金化する際の手数料やその他によって利益を得ることが多いのですが、高い還元率やサービスにこだわりすぎて業者自身の利益を削りすぎると経営の悪化を招くことがあります。

また、現金を取扱う現金化業者には人間トラブルはつきもの。
「社内トラブルの勃発」も、実はそう珍しいことではありません。

違法取り締まりによって閉店したクレジットカード現金化業者も

「警察による違法取り締まり」で閉店するクレジットカード現金化業者は存在します。

こういった悪質業者がいるためにクレジットカード現金化が誤解をされやすいのですが、わたしたち利用者がクレジットカード現金化を使うことは法律には違反しません。

利用者側はあくまでも、クレジットカードを利用して商品を購入しているだけだからです。

現金化業者が摘発されるケースでは、市場価値がない品物を法外な高価格で購入させたり、利用者ではなくスタッフがクレジットカードを受け取って決済を行うという行為をしていることが理由です。

こうした業者を発見したら注意しましょう。

閉店・閉鎖の現金化業者リスト一覧

PageTop

PageTop

Copyrights (c) 2014 ~〔最新2018.1月冬版〕マネフレ All rights reserved.