VISA(ビザ)カードの現金化情報

目次(クリックして表示)

VISA(ビザ)カードでポイント貯めよう!

クレジットカードを持つには自分の生活のスタイルに合ったものを選ぶ事が一番です。
そしてカードにはそれぞれ特徴がありますが、VISAカードをみていきましょう。

VISAカードの特徴

三井住友のスタンダードなカード

初年度の年会費は無料で、年会費は1,250円と非常に入会しやすい金額です。
また、更新ごとに年会費が割り引かれるなどのサービスが充実しているので、年会費を抑えていく事が可能です。
追加でETCやPiTaPaなどの電子マネーとも併用できる為に、ポイントも貯まりやすいと思います。

VISAのWEB明細書サービス

毎月明細書が届くとどんどん家にたまってしまいますよね?
それが大量になってくるとシュレッターをかける作業なども時間を取ってしまうものです。
そういった場合に便利なのがカード明細がWEBで確認できるという事です。
しかも、紙を使わずに済むという事でエコで、地球にもやさしい為、他の条件も満たした場合年会費が割引されます。

VISAの入会キャンペーン

様々なサイトで三井住友VISAのクレジットカードを紹介しているのですが、そのサイトを利用して入会する事もできます。
そんな場合には様々なお得な特典が付いてくる場合があるので、利用してみるといいかもしれませんね。

VISA PLUS(ビザプラス)カード

VISA PLUSは国際ブランドのVISAカードが展開する金融ネットワークシステムをさします。VISA PLUS提携の銀行で、キャッシングに対応しているATMであればどんな国でもお金を引き出すことができます。海外旅行でも使いやすく、もっていれば心強いのが魅力です。

VISA PLUSの特徴

VISA PLUSはVISAが展開する金融ネットワーク

VISA PLUSはVISAが世界各国の銀行などと提携して展開する金融ネットワークです。世界の主要な銀行をネットで結ぶことにより、国をまたいでキャッシングができる仕組みになっています。
現地通貨を引き出せることが強みで、クレジットカードが使えない地域でも簡単にお金を借りることができます。
日本では主要な銀行の対応が遅れているものの、イオン銀行やゆうちょ銀行、セブン銀行のATMでキャッシングができます。来日した外国人観光客も使いやすいため、豆知識としても使えます。

VISA PLUSは手数料も両替より割安になる傾向がある

VISA PLUSのメリットは、手数料の安さです。日本円から現地通貨に両替する場合は1割程度目減りすることが珍しくなく、さらに大きな手数料がとられる場合があります。
しかし、VISA PLUSであれば手数料は数%で済みます。銀行名や空港の窓口で両替してもらうよりも割安です。
ただし、キャッシングであるため早めに返さなければ年18%程度の利息が発生するため、借りっぱなしにならないように注意が必要です。

VISA PLUSカードの海外旅行先のATMなどのやりとり

VISAの公式サイトにはVISA PLUSを利用するための情報や注意点がしっかりと記載されています。日本人観光客が良く行く海外旅行先のATMも網羅されていて、非常に使いやすくなっています。海外のATMの操作方法などもフォローしているため、印刷して持ち歩けばいざという時に役立ちます。
ただし、注意点もあります。VISA PLUSはネットワークを通じて情報をやりとりしているため、通信が届かない状況では決済ができないことです。いざという時に使えないこともあるため、トラブルにならないように念を入れて行動することも重要になります。

マネフレ推薦サイト

PageTop

Copyrights (c) 2014 ~〔最新2017.11月秋版〕マネフレ All rights reserved.