交通系クレジットカードの使い方や利用方法とは

目次(クリックして表示)

交通系クレジットカードは通勤通学で使い分けできる

交通系クレジットカードは鉄道会社など交通機関が発行しているカードになります。

運賃や定期の購入でポイントがたまるのが特徴で、そのままICカードが一緒になっているケースも多くなっています。

通勤や通学に使う人はポイントがたまりやすく、還元率が魅力のカードとなっています。

交通系クレジットカードの特徴

交通系カードなら公共交通機関の利用でポイント貯蓄

交通系クレジットカードで有名なのが、鉄道会社が発行するカードです。
東京メトロやJR各社、私鉄など様々な会社がカードを発行していて、それぞれのポイントシステムを作っています。

電車賃の支払いやチャージでポイントが高まるのが魅力で、一般的なクレジットカードで支払うよりもポイントバック率が高くなっています。

特に定期券の購入はポイントが貯まりやすく、貯まったポイントは提携サービスの割引やショッピングに利用できます。もちろん、電車賃の支払いに使える場合もあります。

ICカードのオートチャージ機能など、便利な機能も多くなっています。

航空系カードと提携したものもある交通系カード

交通系クレジットカードの中には、航空系カードと鉄道系カードが提携し、両方の長所を持ったものもあります。

これはカードを一本化した方がメリットがあるだけでなく、相互に利用することで収益化やリピーターの獲得使いやすいからです。

貯まったポイントの使い道が多いのも特徴で、航空系のマイルか、鉄道会社の電子マネーに変えることができます。

交通会社が多い分競争は激しく、種類も多くなっているのです。

交通系カードは通常の買い物では他のカードに劣る

交通系クレジットカードは電車賃の支払いや、グループ経営のショッピングモールなどで高い還元率を発揮します。

しかし、それ以外場所では還元率が中途半端になってしまうことも多く、平均するとそれほどプラスにならないことがあるのです。

向いているのは通勤通学使いのカードと、普段使いのカードを分けてしまうことです。複数のカードを使い分けた方がお得なケースが多いのです。

マネフレ推薦サイト

PageTop

PageTop

Copyrights (c) 2014 ~〔最新2017.12月冬版〕マネフレ All rights reserved.