クレジットカードで生活スタイル重視する見分け方や活用について

ステータスカード

ステータスカードはゴールカードやプラチナカードなど、持つこと自体が困難なカードをさしています。事前の審査が厳しいケースと維持費がかかるケースに分類され、どれだけ経済力があるかわかりやすく示すポイントになっているのです。

ステータスカードの特徴

ステータスカードを持つこと自体が困難

ステータスカードはクレジットカードの一種で、発行が困難なものを指します。ゴールドカードやプラチナカードなど年会費がかかるものが多く、最上級のものはブラックカードになります。
特徴は限度額が大きく、それに伴い審査も厳しくなることです。中には申し込み方法自体がなく、独自基準を満たした人が招待される形で発行されるものもあります。カードをもっているだけでその人の年収などがわかり、ステータスになることからステータスカードと呼ばれているのです。
また、ブランドによって位置づけが変わるため、ゴールドカードでもそれほどステータスにならない場合もあります。人によって認識が違うケースがあるのもポイントです。

サービスが充実しているのが特徴の一つ

ステータスカードの特徴に、サービスの充実があげられます。多くのステータスカードは海外旅行時の保険、キャンペーンの招待など様々な優待がついているからです。
プラチナカード以上になるとコンシェルジュサービスがつき、様々な要望を聞いてくれる場合が出てきます。空港のラウンジが無料で使用できるなど、持っているだけで行動の選択肢が広がる場合もあるのです。仕事や生活を快適にするためにステータスカードを選ぶ人もいるのです。

ポイントになるのがサービスを生かしきれるか

ステータスカードは年会費が高いことが多く、特にプラチナ以上になるとかなりの出費になるケースが増えます。ただ持つだけで維持費が高くなるため、発行できても使うことが賢い方法とは限らないのです。ステータスとして持っても生かせる場所がなければマイナスになりかねないことに注意が必要です。
サービスを生かしきれるかも含めて、自分に総合的にプラスか考える必要があります。特に海外に出た際は保険やサービスの充実で差が出やすいため、利用上限額とあわせてチェックしたいポイントです。

マネフレ推薦サイト

PageTop

Copyrights (c) 2014 ~〔2017.10月最新秋版〕マネフレ All rights reserved.