クレジットカードで生活スタイル重視する見分け方や活用について

リボ払い専用

リボ払い専用クレジットカードは支払いが全てリボ払いになるのが特徴です。一括払いではなく残額に応じて一定額を返済する方式が主流で、毎月の出費を調整しやすくなっています。その分支払いが長引くケースが多いのがデメリットで、使いすぎに注意が必要です。

リボ払い専用クレジットカードの特徴

出費の調整をしやすいリボ払い専用クレジットカード

リボ払い専用クレジットカードは、支払いがリボ払いのみになっています。キャッシング機能がついているものは一括での返済を選べないケースや、選んでもリボ払いになってしまうのが特徴です。
一括の返済ではないため大きな買い物をしても翌月返済に慌てずに済むのが魅力になっています。出費の調整が行いやすいことから人気ですが、返済期間が長引き、利息が増えるケースがあることに注意が必要です。

リボ払いの金額を調整できないものもある

リボ払いと一言で言っても、返済額と返済方法には幅があります。
一般的なのが残高スライドバック方式です。残高に応じて月の返済額が自動で調整される方法で、借入額が大きいほど月の返済額も大きくなります。自分で返済額を追加するなど柔軟な返済ができるカードも存在します。しかし、中には調整そのものができず、月の返済額が数千円のカードもあります。この場合は返済期間が長引いて利息が増える可能性があるため注意が必要です。

返済額の最低額はチェックした方が良い

金利の低いリボ払い専用カードの中には、最低返済額を小さくし、返済期間を長引かせることで元を取っているカードもあります。リボ払い専用カードを契約する時は、最低返済額をチェックするのがおすすめです。
1万円程度であれば返済も比較的短く済みますが、2000円など低額の場合は金利も含めて1万円の返済に半年程度かかるケースもあるからです。返済額を調整できるかどうかも含めてチェックすることが重要で、賢く利用するポイントにもなっています。特にキャッシングは利息が高い傾向があり、支払いが長引くことが多いのです。

マネフレ推薦サイト

PageTop

Copyrights (c) 2014 ~〔2017.10月最新秋版〕マネフレ All rights reserved.