プロパーカードの使い方や利用方法とは

目次(クリックして表示)

プロパーカードはステータス性が高く収入水準が高い

プロパーカードは国際カードブランドが直接発行するクレジットカードです。

プロパーは独自、正しい、適正などの意味があり、正社員をプロパー社員とよび、それ以外の人材を非プロパーと分類する場合などに使われます。

多くのクレジットカードは提携企業などを通じて発行されるため、プロパーカードは非常に貴重になっているのです。

プロパーカードの特徴

プロパーカードを発行できる企業は少ない

プロパーカードを発行できるのは、国際的にクレジットカードを取り扱うブランドであり、自社ブランドのカードを発行している企業に限られます。

具体的にはアメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブ、JCBの3社です。

VISAやMasterCardは自社ブランドのカードを直接発行していないため、プロパーカードには該当しないのがポイントです。
そのため、プロパーカードはもっている人が少なく、希少性が高いカードになっているのです。

プロパーカードは審査が厳しく年会費の水準も高い

プロパーカードは審査が厳しいことでも有名です。これは国際基準での経済力が求められ、日本ローカルでのカードの感覚と違いが生じるためです。

また、年会費の水準が高く、最低限度額が高い、海外旅行に出かけた際の保険やサービスが手厚いなど、人によっては大きなメリットを得ることができます。

しかし、ポイント還元率などで比べると国内ブランドのカードと比べて見劣りするケースがあるのも特徴です。

持つために必要な収入水準が高いなどステータス性が高い一方で、利用方法によってはコストとサービスのバランスがかみ合わない可能性があるのです。

広義の意味では自社発行のカードが全て該当するケースもある

厳密にプロパーカードを発行できるのは3社のみですが、広義の意味では自社発行のカードが存在すればプロパーカードになります。

銀行や大手企業の多くがプロパーカードを発行していて、自社サービスの利用に優遇ポイントをつけるなど競い合っているのが現実です。

広義の意味でプロパーカードでないカードは、自社の金融部門やカード発行部門がなく、他社と提携してカードを発行している場合になります。

企業規模が小さい場合いや運営ノウハウがない場合は他社と提携した方がカードの発行や審査が簡単になるのです。

マネフレ推薦サイト

PageTop

PageTop

Copyrights (c) 2014 ~〔最新2017.12月冬版〕マネフレ All rights reserved.