親カードの使い方や利用方法とは

目次(クリックして表示)

親カードの使い勝手の良さが家計を助ける

親カードは家族カードやETCカードを作る際の大本の契約に当たるカードです。

後から付属するカードを増やすことが可能で、増やしたカードが子カードに当たります。

請求は全て親カードの持ち主に行くようになっているため、支払い能力がない人のカードを作れるようになっているのが特徴です。

親カードの特徴

親カードは契約の基本になるカード

親カードはクレジットカード契約の基本になるカードです。
付属するカードを作る場合は親カードと紐付けされ、請求先なども統一されます。

付属するカードの権利は親に付属するものを借りている形になり、親子の形になぞらえて親カードと子カードと分けるようになったのです。

便宜上の呼び名で、一枚しかカードをもっていない場合は全く関係がないことになります。

支払い能力があれば子カードを増やせるのがポイント

親カードの特徴は、支払い能力があれば子カードを増やせることにあります。

親カードの持ち主が支払い能力を担保するため、収入がない子供や親などのカードを作ることが可能なのです。

支払いは親カードの持ち主が受け持つため、支払いを統一したい場合や、家系の支出を見直したい場合に重宝します。

但し、親カードの支払い能力によって上限額が決まるため、共働きで収入が分散されている場合は使い勝手が悪くなる場合もあります。

親カードが利用停止になれば子カードも使えなくなる

親カードは契約の大本のカードになるため、親カードの利用が停止されれば自動的に子カードも使えなくなります。

支払いなどが遅れてカードが停止された場合だけでなく、カードを解約した場合も利用ができなくなるのです。

カードの名義が違っていても契約上親と子カードに別れている場合もあるため、解約には注意が必要です。

また、紛失などの届出をする際も、だれの名義で申し込んだカードかを明確にする必要があり、場合によっては本人確認を求められる場合もあります。

誕生日や住所などの情報はしっかり共有しておく必要があります。

マネフレ推薦サイト

PageTop

PageTop

Copyrights (c) 2014 ~〔最新2017.12月冬版〕マネフレ All rights reserved.