クレジットカードで生活スタイル重視する見分け方や活用について

ローンカード

ローンカードはクレジットカード会社や銀行が発行しているローン専用のカードです。提携ATMから簡単にお金を借りられるのが特徴で、一部の例外を除いてショッピングには使えないようになっています。

クレジットカードのキャッシングよりも金利が低いケースが多く、節約のために借り換えをする人もいるほどです。

ローンカードの特徴

ローンカードはお金を借りるためのカード

ローンカードはカードローンと呼ばれることもあります。消費者金融や銀行などが発行していて、金利や特徴もそれぞれ異なります。共通しているのがお金を借りる専用のカードになっていることです。
ショッピング機能がついたものはほとんどなく、限度額が高額になると審査が厳しくなります。限度額が最少額であれば審査も最低限で済むため、簡単な手続きで発行が可能な場合もあります。
利用する際は提携のATMからお金を引き出すか、ネット上から申し込んで指定口座に振込みを依頼する形になります。基本的にそれ以外の用途には使えないようになっているのです。

ローンカードは金利が低めに設定されていることが多い

ローンカードの特徴は金利が低めに設定されていることです。クレジットカードのキャッシングは年利18%程度のものが多く、借入額が多ければ金利も下がります。
しかし、カードローンの場合は15%程度の水準のものや、もっと金利が低いものも存在します。
条件によっては一桁%になるケースがあるほどです。金利を比較してローンカードの方がキャッシングよりも安ければ、借り替えてしまうのも方法です。条件を見直すきっかけになる場合も多いのです。

ローンカードの返済方法には注意

ローンカードは金利が低いものが多くなっていますが、返済方法は必ずチェックする必要があります。これは金利が低い分長期の返済が前提になっているケースがあるからです。
例えば月の最低返済額が数千円の場合、10万円単位でお金を借りると返済に数年かかってしまうケースもあるのです。金利だけでなくどのように返済し、利息がどの程度になるか確認することも重要になっているのです。

マネフレ推薦サイト

PageTop

Copyrights (c) 2014 ~〔2017.10月最新秋版〕マネフレ All rights reserved.