クレジットカードで生活スタイル重視する見分け方や活用について

子カード

子カードは親カードを作った際に付属するカードのことです。ETCカードや家族カードを指すことが一般的で、契約の基本は親カードに結びついています。収入がない人でも親カード経由で申し込みをすれば家族カードとして利用可能で、子供や主婦(主夫)なども使いやすいのが特徴です。

子カードの特徴

子カードは親カードに付属するカード

子カードは親カードに付属するカードで、様々なカードが存在します。ETCやクレジットカードの家族カードが一般的で、支払いの請求は全て親カードの持ち主に一本化されます。 親カードが使えなくなれば子カードも使えなくなりますが、収入がない人の名義でも子カードなら作れるのが魅力です。家計の管理やポイント効率を良くするために契約を切り替える人もいるのです。

親カードの支払い能力がなければ発行ができない

子カードは親カードの支払い能力を担保に申し込むもので、親カードの債務状態によって発行できるかが変わります。ETCカードは問題なく発行できても、クレジットカードの家族カードは作れない場合があるのです。 借入額が大きい場合や支払いに滞りが生じている場合、短期間に複数舞のカードを作った場合は注意が必要です。収入がある家族が別名義で作った方が良いケースもあるのです。

別名義で作った方が限度額は大きく設定できる

子カードは親カードの契約者の支払い能力で限度額が変わります。夫婦共働きの場合などは別々にカードを作った方が上限額は大きくなるのです。財布自体が別の場合は別々のカードの方が良く、必ずしも家族カードの方が得とは限らないのです。 利用額が大きくなると会員ランクが上がるなど、カードによってはまとめた方が得なケースもあります。メリットとデメリットを比較した方がお得に使えるのです。 また、家族カードの発行や、各種紹介キャンペーンで特典をもらえるクレジットカードも存在します。それぞれどのルートで申し込むかでポイントバック率などが異なるため、しっかりチェックするのがおすすめです。

マネフレ推薦サイト

PageTop

Copyrights (c) 2014 ~〔2017.10月最新秋版〕マネフレ All rights reserved.