クレジットカードで生活スタイル重視する見分け方や活用について

一体型

一体型クレジットカードは、クレジットカード以外の機能をまとめたカードのことです。複数のカードをまとめることで普段持ち歩くカードを少なくできるのがメリットで、ETCや電子マネーなど、種類も豊富になっています。

一体型クレジットカードの特徴

一体型クレジットカードは身近なものになっている

一体型クレジットカードは、クレジットカード以外のカード機能をまとめたカードです。
キャッシュカードやETC、電子マネーなど一体化される機能は様々で、身近に触れる機会も増えています。持ち歩くカードの枚数を少なくできるほか、ポイントがたまりやすくなるなど特典が多く、日常的に使っている人も多いのが特徴です。
自動で各種機能がついてくるクレジットカードも増えているため、非常に身近な存在となっています。

申し込み時に機能を選べるものも多い

一体型クレジットカードは、クレジットカード申し込み時に機能を選べるものが多いのが特徴です。代表的なのが電子マネーとETCで、カード発行会社によって利用できる電子マネーもかわってきます。
中には電子マネーを別なポイントに交換できるサービスも存在するため、ポイントサイトなどを経由して上手にコントロールする人もいます。複数機能をまとめて申し込むと特典がつくことも珍しくなく、ついで感覚で申し込む人もいるのが特徴です。ただし、年会費などの追加がないかもチェックする慎重さも必要です。

一体型クレジットカードは無くした時が大変

一体型クレジットカードは便利な反面、なくした際の手続きが面倒になります。クレジットカードの停止手続きだけでなく、他の機能の停止手続きやポイントのチェックが必要になることがあるからです。再発行に必要な情報が多くなることもあるため、管理はしっかりと行う必要があります。 また、ETCカード一体型や、定期券などが一体化されている場合は持ち歩くのを忘れるとトラブルの原因となります。電子マネー自体がリセットされる場合もあるため、無くさないように注意が必要です。

マネフレ推薦サイト

PageTop

Copyrights (c) 2014 ~〔2017.10月最新秋版〕マネフレ All rights reserved.