クレジットカードで生活スタイル重視する見分け方や活用について

ハウスカード

ハウスカードは特定の企業やグループなどでしか使えないクレジットカードです。利用が限られる一方で、悪用され辛い、ステータス性が高いなど、特殊性の強さが魅力になっています。ただし、利用場所が限られる分採算が取れないケースも多く、徐々に姿を消しているのです。

ハウスカードの特徴

特定の店だけで使えるのがハウスカード

ハウスカードは特定企業やチェーン店、グループなどで利用できるクレジットカードです。中にはステータス性が高いものやポイント還元率が高いなど、非常にお得なカードも含まれています。
一方で、普段使いには向いていないのが特徴で、別のクレジットカードを別途用意しないと不便になってしまうことがあります。公共料金などの支払いにカードを使う人も増えているため、機能性の弱さがネックになるケースがあるのです。

ハウスカードは消えつつある

クレジットカードを発行する企業は増えていて、便利なことが当たり前になっています。使い道が限られるハウスカードは減少傾向にあり、新規の受付自体が停止されていることも増えています。利用目的と金額が限られるため、カードシステムの維持だけで赤字になってしまう場合もあります。
そのため、少しでも他社に対抗できるように国際ブランドと提携するカードも増えていて、一般的なカードとして使用できるケースが多くなっているのです。純粋なハウスカードは消えつつあるのがポイントです。

名前だけが残っているハウスカードも多い

ハウスカードは国際ブランドと提携するケースが増えていて、カード名自体が変わるケースが相次いでいます。一方で、カードの名前を変えない企業も存在します。それは純粋なハウスカードではなく、名前としてハウスカードという名称が残る場合です。
ハウスカードと名前がついていても、提携している企業の決済システムが使えるのがポイントになります。提携ブランドをチェックすれば、純粋なハウスカード、名前が残っているだけか見分けることができます。

マネフレ推薦サイト

PageTop

Copyrights (c) 2014 ~〔2017.10月最新秋版〕マネフレ All rights reserved.