法人カードの使い方や利用方法とは

目次(クリックして表示)

法人カードで支払いを1本化・簡素化する

法人カードは法人向けのクレジットカードを意味しています。

個人向けのクレジットカードと違って企業としての実績や支払い能力が重視され、審査は厳しくなる傾向があります。

不正を防ぐためのチェックが厳しい分、様々なメリットがあるのが特徴になっています。

法人カードの特徴

法人カードは審査が厳しい傾向がある

法人カードは審査が厳しい傾向があるのが特徴です。

ペーパーカンパニーなどが不正利用した場合は不渡りが出る可能性が高く、カード会社も警戒しているからです。

実際の会社の決算情報などが必要になるケースが多く、黒字を計上しているか、数年間運営されているかが重要になります。

審査基準はカード会社によって異なるものの、設立間もない企業が法人カードを作るのは困難になっているのです。

ただし、社長や取締役などの役員の個人収入が高い場合は、支払い能力を担保できると考えられます。

企業が支払えない分を責任者に請求して回収できる場合は、契約できるケースがあるのです。

法人カードならキャッシュバックやポイント還元で経費圧縮

法人カードは年会費が必要になるケースが多く、数万円単位で費用負担が発生する場合があります。

但し、商品仕入れなどにカードを使えば、還元されるポイントやキャッシュバックでおつりが出ることもあるのです。

法人であれば使用する金額の桁が違うため、元を取れるケースが増えます。

還元率や還元方法はカードによって異なるため、しっかり比較することも大切になります。

一時的に費用が発生しても総合的には経費の圧縮に繋がるケースが多いのです。

法人カードは履歴費用のチェックなどメリットばかり

法人カードの魅力は、支払いを簡素化できることになります。

カードの利用履歴が残るため、いつ何にお金を使ったかもわかりやすくなり、会計処理の手間を省くために法人カードを導入するケースもあります。

細かな買い物にも使いやすいのが特徴で、個人事業主が持てるものもあります。

支払いを一本化すればカードの履歴だけで費用のチェックをすることも可能です。

マネフレ推薦サイト

PageTop

PageTop

Copyrights (c) 2014 ~〔最新2017.12月冬版〕マネフレ All rights reserved.