クレジットカードで生活スタイル重視する見分け方や活用について

低年会費ゴールド

低年会費ゴールドカードは比較的新しいジャンルになっています。これは従来のゴールドカードは非常に年会費が高く、年収数百万円、年齢も一定上など厳しい審査基準があったためです。ステータス性の高いゴールドカードではなく、より身近に、ちょっとお得な感じがするカードを求める人に応えるもので、ブランドによって大きくイメージが異なるのです。

低年会費ゴールドの特徴

低年会費ゴールドカードは発行基準が緩め

低年会費ゴールドカードは従来型のゴールドカードより発行基準がゆるめになっています。
従来のゴールドカードはビジネスに成功した人だけが持てるようなステータス性の高いカードであり、一般の人が持てるようなものではなかったからです。年会費が高くサービスも充実していますが、海外旅行の保険などの充実にまわされている分も多く、生かせない人にはほとんど生かせないのです。
低年会費ゴールドカードは審査基準を緩め、より日常に寄り添うようなカードが多くなっています。海外に行くにしてもビジネスよりもたまに旅行に行く程度と言う人は低年会費ゴールドカードの方が向いています。

年会費が安くて使い勝手が良いのがポイント

低年会費ゴールドカードは年会費が数千円程度であることが多く、一般的なカードよりも少し贅沢な位置づけになります。一般カードよりも特典が多くなり、場合によってはポイント還元率が高くなるケースもあります。ポイント還元率が高ければ利用額が大きくなると会費以上のリターンが見込めます。 大げさでない程度に海外旅行の保険などがつくケースが珍しくなく、日常生活やレジャーを楽しむには十分なカードになっています。

低年会費ゴールドカードでも大きな差がある

注意したいのは同じ低年会費ゴールドカードでも発行するブランドによって内容が異なることです。 例えば、海外旅行の保険はほとんどのゴールドカードでつきますが、金額などにも差が出てきます。サポートセンターへの繋がりやすさも重要になるため、チェックしたい項目です。自分の目的に合わせて選ぶことが大切になるのです。

マネフレ推薦サイト

PageTop

Copyrights (c) 2014 ~〔2017.10月最新秋版〕マネフレ All rights reserved.