クレジットカードで生活スタイル重視する見分け方や活用について

エンボスレス

エンボスレスカードは、エンボスといわれる凹凸をなくしたカードのことです。主にカードバン後などの印字に使われていましたが、現在は印字技術などの発達によりエンボス自体が不要なものになりつつあります。ICチップを用いたカードでは一般的で、普及が進んでいるのが特徴です。

エンボスレスカードの特徴

エンボスレスカードは技術の発達で増えている

エンボスレスカードはカード表面の凹凸がないカードを指します。旧来のカードは数字がはっきり読めることが重要で、凹凸をつけるエンボス加工が必須でした。しかし、現在は印字技術などの発達により、エンボスをつける必要がなくなりつつあるのです。
ICチップ内臓のカードの場合、エンボスがあるとタッチで読み取ることが難しくなるという事情もあります。コスト的にもエンボスレスの方が安くなるため、エンボスレスに切り替えるカード会社が増えているのです。

エンボスの分薄くなるので財布もスリムになる

エンボスレスカードの魅力の一つは、お財布のスリム化です。複数のカードを持っていると財布の厚みが増してしまうケースは多く、見た目を気にする人もいます。しかし、エンボスレスカードの場合はエンボスがない分カードが薄くできるため、複数持った際の厚みがかわってくるのです。
お財布のスリム化に貢献してくれるため、スタイリングが気になる人はエンボスレスを積極的に契約する方法もあります。

コストの関係でエンボスレスにできないケースも

エンボスレスの方がクレジットカードの発行コストは安くなります。しかし、クレジットカードを作る工場などの関係で、エンボスカードしか発行できない場合がある点に注意が必要です。
生産のための機械の入れ替えなどが必要になるため、徐々に切り替えている会社もある状態なのです。全てのカード会社がエンボスレスカードに対応しているわけではなく、順次切り替っていくケースもあるのです。また、個性としてエンボスを残す企業が出てくる可能性もあります。

マネフレ推薦サイト

PageTop

Copyrights (c) 2014 ~〔2017.10月最新秋版〕マネフレ All rights reserved.