クレジットカードで生活スタイル重視する見分け方や活用について

デビットカード

デビットカードはカード会社が発行する決済用のカードの一つです。支払い金額が直接銀行口座から引き落とされる仕組みになっていて、使いすぎの心配がないのが特徴です。また、インターネット通販などでクレジットカードのかわりに利用できるケースが多く、クレジットカードの代用として使われることも多くなっています。

デビットカードの特徴

デビットカードの支払いは銀行口座から支払われる

デビットカードには様々なブランドが発行していますが、主流となっているのがクレジットカードでおなじみのVISAです。VISAの利用が可能なところであればそのまま決済に使えるのが魅力です。
支払いは銀行口座から支払われるため使いすぎの心配がなく、カード破産とも無縁です。また、中学卒業から持つことが可能で、早い人では15歳から取得可能となっています。クレジットカードのように審査がないため、作ることが簡単なのです。

クレジットカードの代用にも利用が可能

デビットカードはクレジットカードの代用カードとしても利用可能です。特にネットショッピングはクレジットカードしか対応していないショップもあり、現金だけだと支払いに苦慮する場合があります。デビットカードであればカード番号入力で決済可能で、クレジットの代用として利用することが可能なのです。
公共料金の支払いなどにも利用が可能で、利便性が非常に高いのが特徴になっています。事情があってクレジットカードがもてない人も利用しやすく、買い物や利用サービスの幅を広げてくれます。

一部でデビットカードに対応していないケースも

注意したいのは、携帯電話などの契約です。毎月定期的に料金の支払いが発生する契約に関しては、デビットカードが使えないケースがあります。例えば一部の格安SIMはデビットカードで契約できますが、契約できないケースもあります。
使用不可と書かれていても実際は使えるケースがあり、問い合わせて確認するか、決済手続きに進まないと分からないケースもあるのです。企業によって対応状況が変わるため、対応がまちまちになっています。
対応不可と書かれていても実際は決済が通る場合もあります。ただし、支払い時に残高不足にはならないようにコントロールが必要です。

マネフレ推薦サイト

PageTop

Copyrights (c) 2014 ~〔2017.10月最新秋版〕マネフレ All rights reserved.