クレジットカードで生活スタイル重視する見分け方や活用について

クラシックカード

クラシックカードはカード会社の標準的なカードになります。ゴールドカードなどの下になり、年会費が安く、審査基準もゴールドカードに比べて緩めになっています。クレジットカードに最低限の機能を求めるのであればクラシックカードで十分なケースが多く、ステータス性の高いカードと区別するための定義として使われています。

クラシックカードの特徴

クラシックカードはブランドの基本的なカードになる

クラシックカードはスタンダードカード、一般カード、ホワイトカードとも呼ばれます。カードブランドのもっとも基本的なカードであり、エントリークラスのカードでもあります。上級のカードに比べて発行枚数が多く、年会費の安さと審査基準のゆるさが魅力になっています。
ステータス性を求めない人や上限額にこだわらない人が最初に持つことが多いカードであり、もっとも手にとりやすいカードでもあるのです。クラシックカードと呼ばれるのもゴールドカードなどと区別するための便宜上のものとなっています。

最低限の機能を求めるならクラシックカードで十分

クラシックカードといっても、クレジットカードに必要な機能は全て入っています。発行会社によって特典やポイント還元率などが違うため、選択肢が多いのも特徴になっています。
付帯する機能に合わせて複数持つ人も珍しくなく、場面に応じて使い分ける人も多くなっています。無料で作れて年会費が不要なカードもあるのも魅力になっています。

クラシックカードと呼ばれることは珍しい

クラシックカードと言う名称はゴールドカードなどと区別するために使われるケースが多く、一般的にはあまり使われなくなっています。一部ブランドではクラシックカードと言う名称が残っていますが、ゴールドカードなどの名称を用いなければクラシックカードをさすケースが一般的だからです。わざわざクラシックカードと言わなくても通じることが多いのです。
一方でクラシックカードでも発行が難しいブランドも存在し、一般的なカードとステータス性が異なるケースもあります。

マネフレ推薦サイト

PageTop

Copyrights (c) 2014 ~〔2017.10月最新秋版〕マネフレ All rights reserved.