航空系クレジットカードの使い方や利用方法とは

目次(クリックして表示)

航空系クレジットカードは旅行好きにはたまりません!

航空系クレジットカードは航空会社が国際ブランドと提携して発行しているクレジットカードを指します。

日本ではJALとANAの二種類が代表で、国外拠点の航空系クレジットカードも存在します。
マイルと呼ばれる独自ポイントがたまるのが魅力で、特に飛行機に乗る機会が多い人はポイント還元率が高くなります。

航空系クレジットカードの特徴

航空系クレジットカードは飛行機を利用する人におすすめ

航空系クレジットカードは航空会社が発行するカードになっています。
カードを契約した航空会社を利用するとポイント還元率が高まるなど様々なメリットがあります。

航空会社は独自ポイントであるマイルを発行していて、大幅な還元を受けられる場合があるのです。

カードのランクによっては空港ラウンジの利用が無料になる、各種キャンペーンや招待が利用できるなど、特典が多くなります。

頻繁に飛行機に乗るのであれば持っておきたいカードになっているのです。

貯まったマイルは航空料金の割引などに使える

航空系クレジットカードで貯まるマイルは、ショッピングや旅行など、使い道が多いことでも知られています。

また、他のカードで貯まったポイントをとマイルに変換する、マイルを他のポイントに変換するなど柔軟な使い方ができるのも魅力です。
飛行機に乗らずにマイルを貯めて、海外旅行の航空料金にあてる人もいるほどです。
不足分は航空系クレジットカードで支払って差額分のマイルを貯めるなど、工夫がしやすいのも人気の理由です。

航空会社で貯まるマイルが違う点に注意

航空系クレジットカードで貯まるマイルは、マイレージプログラムによって発生するものです。

マイレージプログラムはいくつかの航空会社のグループで運営されていて、違うグループのポイントは利用できなくなっています。

日本で言えばJALとANAは別々のグループに所属しています。そのため、航空会社が違うとマイルが使えないケースがあるのです。

自分が利用する航空会社にあわせたカードを持つか、複数持って使い分けるなど工夫をするのがおすすめです。

マネフレ推薦サイト

PageTop

PageTop

Copyrights (c) 2014 ~〔最新2017.12月冬版〕マネフレ All rights reserved.